光尚君御家譜抜書 38

熊本大学附属図書館所蔵 高見家文書 #3008

一書阿部屋敷ハ山崎今之斎藤勘助屋敷栖本ハ今之

有吉専助屋敷山中ハ今之鯛瀬三郎大夫屋敷也満た一書尓

向屋敷ハ山中又左衛門両隣ハ栖本又七郎外山源左衛門平野

三郎兵衛屋敷也ト云々考ニ此一書者いつ頃之筆記ニ而候哉

今ニ而者屋敷茂追々入替り候又栖本又七郎ハ阿部兄弟

仕物被 仰付候節手を合ス様ニ御内意を承り居堂る尓てハ

無之哉後日ニ組頭谷内蔵允を被召候而今度阿部兄弟の儀

くずし字解読

一書阿部屋敷ハ山崎今之(いっしょ、あべやしきは、やまざき、いまの)。ある書物によると、阿部の屋敷は、山崎で、今の(斎藤勘助屋敷で)。

有吉専助屋敷山中ハ今之(ありよしせんすけ、やしき、やまなかは、いまの)。有吉専助の屋敷で、山中(又兵衛)は、今の(鯛瀬三郎大夫屋敷)。

向屋敷ハ山中又左衛門両隣ハ(むかひやしきは、やまなかまたざえもん、りょうどなりは)。向かいの屋敷は山中又左衛門で、その両隣は。










考ニ此一書者いつ頃之筆記ニ而候哉(かんがへるに、このいっしょは、いつごろの、ひっきにてそうろうや)。考えると、この書物はいつごろ書かれたものであろうか。

今ニ而者屋敷茂追々入替り候(いまにては、やしきも、おひおひ、いれかわりそうろう)。今になっては屋敷も時につれて入れ替わっている。

仕物被 仰付候節手を合ス様ニ(しもの、おおせつけられ、そうろうせつ、てを、あわすように)。仕事を命じられ時に、手合いをするように(内諾を受る)。

無之哉後日ニ組頭谷内蔵允を(これなしかな、ごじつに、くみがしら、たにうちくらすけ、を)。これは無いであろう。後日に組頭の内蔵允を(お呼びになられて)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。