ブ ロ グ

お問い合わせ


12.十代 高見権右衛門

実は志方十兵衛の実子である。

養子で高見家に入る。 妻は寿喜(すき)

十代 高見嶋之助武棟 後 権右衛門と改める

嶋之助の妻は先代権右衛門の嫡女で、文化元年(1804年)に出生した。

すきの実の母の名は 美知(みち)である。

御知行引渡差紙

御加増都合千石御知行宛行状(弘化4年4月1日 斉護公花押)

文政12年(1829年)8月27日 しばらくの間、白金中屋敷の近習の役職が仰せ付けられ、用意が済み次第江戸に出府するということで、

財津美門宅に預け、この役職の見習いをするよう仰せ渡された。同9月13日熊本を出発した。

同10月10日 江戸で雇われる。 天保3年2月 この役職は元のままで、熊本で休息することを命ぜられる。

同4月17日江戸を出発し、同5月23日熊本に着いた。

同じ年の7月15日休息の日数を満した上で、江戸へ出府することを命ぜられ、同9月17日熊本を出発、同10月21日江戸に着いた。

天保4年4月14日近習方の務めは当分の間外され、白金中屋敷のお側取頭として勤めるよう命じられた。

天保6年8月この秋に休息するように命ぜられ、9月18日出発、同10月21日熊本に着いた。

同11月7日 諦了院様が病気になられ、膩(あぶらあか=油垢)が止らないのを嫌っていらっしゃると伺い、同9日には熊本を出発をするようにということであったので、そのようにしたところ、

大坂でおなくなりになられたのを知り、奉家社(やしろ)のある舞阪宿(浜松市)で、通し槍に奉行の係が簡打(木簡?)に名前を書き込み、その日のうちに出発し22日に江戸に着き、

好都合な惣代(代表)の使者として勤め、24日江戸を出発し、12月1日大谷宿で御尊骸に追いつき奉り、

同等より之候ニ而被差越■■向け等に出発し、同12日そこに到着、同18日

御尊骸 為迎送南関迄 差越同廿日御供ニ而熊本着天保七年五月十四日

御雇中出精相勤候ニ付 御紋附御上下一具御絽三枚下置

同十二年二月四日養父権右衛門下置御知行千石御加増分ハ■為新知権右衛門

年■無相違家屋敷共ニ下置中着座 三渕永次郎組 召加同年同月七日

座席持懸ニ而御小姓頭 仰付 同年四月二日権右衛門改名天保十三年九月

来年 御参勤御供 仰付同十四年十二月五日 御発駕同日御國許差立

同三月四日江戸着同年六月別段御次締 仰付右御用詰込を被 仰付 弘化元

年八月交代同十八日江戸差立同九月十三日御國許着同年十一月十四日来年

泰樹院様御安座御供調 仰付並御供 仰付御着座上龍ノ口詰 仰付

 仰出 同二年七月十一日 泰樹院様御供ニ而御國許差立同八月廿日

江戸着直龍ノ口御詰同九月十四日 泰樹院様 御婚礼御用懸り被 仰付

同年十二月五日右御用懸相勤付被遊 御祝 御紋附御上下二具同御小袖

下置 同月九日来年御留守詰 仰付 同三年二月十六日當年御留守詰

 仰付■■遊御免 御発駕仰付同日差立 仰付同年六月廿一日

同日江戸差立同閏五月廿四日御國許着 同年九月十日来年御参勤

御供調 仰付同年十月朔日別段御締 御用差止を 仰付処格別

致心配ニ而 御紋附御小袖同御袴御羽織下置同月十一日来年 御参勤

御供 仰付同四年三月九日出立同四月十一日江戸着嘉永元年二月當年

御帰国御供 仰付■■■ 太守様御■■■ニ而御發駕御■■遊■■

ニ而其供相■■申候處同六月廿一日當秋御國許江被着下来春出府被 仰付旨

■■■同六月廿五日数年出精相勤候ニ付御紋付御上下一具御帷子一被下置候

同年八月十八日江戸被差立同九月十九日御國ニ着候同二年二月御國許被差立

廿七日暫之間御近習御次支配之御用承ル様被 仰付候右同日濱町御屋敷御用
詰■■■同年四月九日地旅供数年出精相勤候ニ付座席上着座同列被 
仰付候同年四月五日勇姫様御懐妊の処春嶽様御■■ニ付表向御弘■■
為■候ニ付御用懸■■■■■■共諸事御用懸■■■■■諸御用■■候様於
御家老支■人殿口達間之候同年九月十七日泰厳院様被遊御逝去同六月
十七日御遺髪被遊御下候ニ付奉寄御國許■■■■候木曽中國■より渡越
来ル廿三日■■より遊御着段御達■■■ニ付同日江戸出立同八月九日着
■■ニ妙解寺■奉入御遺髪御影御霊位奉納直ニ御■■■■■御
影御半之御■物御寶罷候奉■候同年同月廿一日此度御入國御用懸被 仰付候
同九月廿一日御葬式并ニ御法事御用懸相勤候ニ付御紋附御袴羽織御小袖被
下置候事少将御相任ニ付御■御能御洋懸■■被 仰付候段中之間ニ■■■御用
番■■ニ相■候同十一月廿五日御家督より御祝御紋附御上下一具同御小袖被下置
候同十二月十六日御用人被遊御意座席元之通中着座被 仰付堀丹右衛門組ニ被差
■候同二年二月十一日御入國御用懸并御任官御用懸付而茂相勤候ニ付御役附御上下

同じく小袖、縮緬袴羽織を下さる事。

同じ月の12日死去した。享年62歳であった。

熊本の高麗門妙立寺に葬る。

法名 眞性院殿自せん(言+全)義順日達居士

宮  最初は桃という名で 母は九代武久の実の娘である寿喜。

    文政7年甲申(1824)2月13日出生。初めは平野常之助に嫁ぐが

  その後離縁する。 明治27年(1894)5月2日死去した。

  高麗門妙立寺に葬る。法名は 智慶院妙続日悟大姉

嘉寿 最初は久喜という名で 母は上記と同じ。

    文政10年丁亥(1827)2月20日出生。 初めは力士の片山家(旧     八幡力士前)に嫁いだが、離縁し、後に志方半之尉の妻となる。

 

貴女 母は上記と同じ。 文政12年(1829)出生したが、同じ年の5月1日    病死した。  高麗門妙立寺葬 法名は 夏月嬰族

數衛 母は上記と同じ。 天保4年(1833)3月28日出生。 同8年(1837)    10月13日に病死した。 は上と同じ高麗門妙立寺 

    法名は、 蓮現瑞光童

熊之助 母は上記と同じ。十一代当主

又熊 母は上記と同じ

直熊  母は上記と同じ。十二代当主

志茂五郎 母は上記と同じだが、早世した。法名は篤峯英顔

乙五郎 母は上記と同じだが、早世した。


1

はじめに

2 高見家関連年表
3 本国及び初代和田勝五郎重治(後高見権右衛門重治) 4 二代高見権右衛門重政
5 三代高見権之助 6 四代高見三右衛門
7 五代高見権右衛門政武 8 六代高見権右衛門
9 七代高見権之助政朱 10 八代高見右源太政信
11 九代高見數衛政久(後権右衛門武久) 12
十代高見嶋之助武棟(後権右衛門武棟)
13 十一代高見熊之助(後嶋之助) 14