岐阜戦功       

以下は眞藤國雄氏による - 津々堂のたわごと日録 - からの転記である。

慶長五年(1600)の岐阜攻めにおける功名の人達の一覧:

和田庄五郎重治(高見権右衛門)の項へジャンプ

岐阜戦功(1)

一、忠興君岐阜戦功の奉行を玄蕃殿へ被仰付、篠山与四郎・加々山半右衛門・工上三大夫・窪田源兵衛を吟味人と被成候

 

首取申候衆次第不同     

一、沢村才八

一、柳田久四郎 五郎助共云、即番生駒平三郎か首をもらいに来りし故、名をもいちしるしく有之候、平三郎ハ中納言秀信共蜂須賀阿波守家政とも従兄弟なり、久四郎か親ハ柳田鶯之允 後号立庵 と云、始ハ逸見内ニて用ニ立し者なるか、田辺籠城時立退しにより久四郎か何程働てもやくにたゝぬ事か一ツ有と云しハ此事也、後ニ池田輝政に奉公大坂陳ニてもよかりし也、後加賀利光に仕へ柳田半助と云、柳田久三郎か弟也

一、有吉与太郎 田辺衆

一、小原庄(ィ・小)次郎 与十郎殿江御奉公、後号縫殿、其後立退て加藤肥後守に仕平大夫と云、忠広身体果て候て入道し道有といふ 同

一、荒木左助 高(ィ・元)則、後号山城、助左衛門并外齋等か親なり、今の助十郎・小助・運次等か祖なり、高則ハ高麗・関ヶ原にても戦功有、慶長の末故有て浪人いたし播州にて病死、外齋とハ助左衛門弟次郎大夫か事なり、三百石被下置候処、御暇被下松平越中守へ有付候へとも又致浪人、後小笠原備前にかゝり病死いたし候 嶺山衆

一、藤木平三郎 田辺衆

一、野尻又左衛門 与十郎殿に付而田辺に居、後号隠岐、其後紀州へ千五百石にて召抱らる 同

一、中路庄五郎 与一郎様衆

一、中村茂助 新助子、忠興君御乳おとゝい也 白杉庄助組

一、中尾与助 同

一、藤田左助 有吉与太郎者

一、田井助八 福智山の所に詳なり 同助兵衛者

一、市瀬喜三郎 与一郎様衆

一、野村新右衛門 野村又助子也、与一郎様へ初より付居たりし者也 卅人衆

一、市川兵右衛門 一ニ兵左衛門、御側筒の者也

以上十五人城ニ付申衆次第不同大手の門口、此門は鉄の門つめの城の入口やまのてへん也

一、菅野勝兵衛 輝宗、後ニ荒川ニ改、武衛家也、義昭公の時六条合戦ニ鑓を合す、光寿院様の甥なり、父は荒川治部少輔時宣

一、白杉庄助

一、加々山忠助 隼人一門也、豊前にて四百石、兄は国見超の主なり

一、竹田半三郎

一、八木田新右衛門 後号宗円、本知弐百石、為御褒美御加増弐百石、父ハ八木田新三郎入道宗真、於青龍寺被召出、丹後ニ而嶋森御城代

一、中嶋甚之允 一ニ中嶋左近甥、中嶋備中弟と有之候へ共、中嶋左近か下の小書と相違有、猶可考

一、戸川平作 

一ニ戸山平助ハ誤なり 御馬廻の手に合たる者を中津にて御振廻被成、また若等迄に御褒美を被下しに何としてはつれ候哉、加々山・牧に歎申候を無是非事とて御前へ申上候ヘハ、馬場に御出被成候時、御脚を下賜り外聞よかりし也、晋州にて討死したる平作か為にハ甥也、丹後にては百石、豊前にて百五十石御加増被下候、後ニ御暇被下候

一、的場甚四郎 与一郎様御小姓也、後治兵衛、的場甚右衛門か養子也、青龍寺より御奉公、大坂にて藤本勘十郎と喧嘩して打果なり

一、佐川弥一郎 木村常陸に奉公せし時矢を射つけられ片目に成し者なり、番頭七百石 嶺山衆

一、沖六之允 与一郎様衆

一、今井九右衛門嶺山衆

一、片山平次 田辺衆

一、加々美又六 長貞少齋嫡子、後小笠原備前長元 同 クシロ

一、久代市右衛門 

一ニ九代、後号喜助、其後木下右衛門大夫ニ奉公主水と云、又一ニ久村、又久井ともあり 同

一、長岡久五郎 同

一、喜多与六郎 公信後改大草、大舘隣齋子家高也、入道後紹意、大草弥右衛門公利親なり 田辺衆

一、中路久六 松井新太郎内

一、生田鵜兵衛 子孫断絶 同

一、本嶋又三郎 後弥五右衛門入道不携 平左衛門者

一、北谷久兵衛 一ニ小谷 同

一、市野彦兵衛 長岡右馬助江戸へ証人ニ被参候時家老ニ被仰付、忠興君より知行弐百石被下候 同

一、小林七兵衛 篠山与四郎者

一、南波九四郎 同

一、加川半三郎 米田与七郎者

一、小森六右衛門 菅野少兵衛者

一、日置甚四郎 同

一、萩野与作

以上

岐阜戦功(2)

大手門脇の屏へ付申衆

一、米田与七郎 歳十五

一、若林平四郎

一、清水左太郎 市右衛門子休無様 一ニ齋 に付てありきし也、清須にて明日岐阜働と云時加藤左馬殿の肝煎にて被召加、時ニ廿一歳

一、遠山勘右衛門 清須にて五日六日程前の御奉公に出候也、武藤つふらにて面に疵を蒙り候をいたミやかて死す、三百石を領す 松井新太郎者

一、松井新太郎 安秀、後号采女、助左衛門親也 ィ・大手一番ニツク  同

一、明石半四郎 重方、後号助兵衛、五郎兵衛親也 ィ・大手一番ニツク 同

一、松井長助 定勝、後号織部、入道之後正清、角左衛門親也、竹田梅松軒嫡子也、康之名字を遣、母ハ自徳院 康之妻 姉也、竹田永翁ハ弟也 ィ・大手二番ニツク 同

一、坂井喜運 一ニ酒井喜雲、子孫無之 ィ・大手二番ニツク 同

一、一色又七郎 範勝、藤長嫡子なり、後将軍家へ被召出左兵衛尉、寛永六年従五位下、任式部少輔 同

一、湯川八右衛門 同

一、麻生新三郎 後吉右衛門と云、七百石を領す、飯岡豊前聟也、観世又次郎弟子にて鼓を打、親は田辺ニ而働有之、麻生吉右衛門なり、一ニ吉左衛門 同

一、石寺太郎兵衛 米田与七郎者

一、中村市助 同

一、安威弥三郎 同

一、山本又七 一ニ又三と有、考ニ又三は丹後宮津に留守いたし居候て田辺にいつれも引取候時逐電すと米田家記にも有之、又七といふ者又三か子歟、兄弟なとに有之たるか、猶考へし 同

一、山崎清三(ィ・七) 田辺衆

一、多羅尾五助 伊織か若名なるへしとあり 以上市村半右衛門判 同矢蔵の南のひらへ付申衆

一、松井新太郎 出丸より筋かへて左の頭を鉄炮にて打ぬき冑ニ手こふしの入ほと穴あき候也、去により手も筋かへて負 新太郎内

一、佐藤平左衛門 手負子孫断絶 同

一、田口弥助 同

一、粟坂平助 守政、後号市太夫、一ニ助太夫 同

一、中路助十郎 与一郎様衆

一、毛利忠三郎 後号又兵衛、父は毛利和泉と云て若州逸見家ニて千石を領、鑓毛利と云れしとなり、忠三郎嶋原にて討死、男子なく家断絶、忠三郎姉は有吉立行妻なり、立行死後縁寿院といふ

一、入江平内入道真齋 淡路弟、弐百石、若狭の逸見に仕へ牢人して御家ニ参候、芸能多く形儀のぬるき者なり、能登守教経の矢の根・大脇差・乗鞍忠興君へ差上申候、平内果候節、忠興君御追悼の御詠歌被下候、立のほる煙の末はなきものをつきせす落るわかなみだ哉 忠利君より被為拝領候御書于今本家に持伝候、真齋子孫有之哉、不分明以上松井新太郎判詰の門へ入ハ左の矢蔵下ニ付申衆 田辺衆

一、杉生左兵衛 西岡の者此ものを目付石にして何れもの居所を段々にきはしめ給ひしなり、豊前にて八百石、本明智光秀に奉公、山本仙入と云、牢人の後大坂籠城打死、親を山本弥太郎と云 同

一、逸見次右衛門 本は若狭侍の歴々なり 同

一、同 一人壱人入申候 同

一、山口藤左衛門 同

一、植村(ィ・松)弥兵衛 一ニ柘植 同

一、本間少兵衛

以上 杉生左兵衛判

岐阜戦功(3)

三十人の内城にて鉄炮能放、敵を打しらしめ申衆

一、岩田新蔵 以下いつれも小倉ニ而知行拝領す

一、樽井鶴助 小倉にて橋口の矢蔵を拝領被成候、小倉一番の大男しこふつものなり、知行拝領、作五左衛門祖なり、樽井家記には三齋君より鶴之助と御つけ被成、御近習相勤、高麗陳ニも御供、関ヶ原陳数度相働候ニ付、御懇志を以御腰物拝領、今以所持仕候、慶長六年御知行百三十石被下、御城内安国寺と申所之御櫓御預被成、元和三年病死仕、其子作右衛門ニ百石拝領、其子作右衛門も同様相続、有馬に御供仕相働手を負申候、右鶴之助祖父は樽井大和と申候て樽井の宿の国士の由、其子左門次に幽齋君より七人扶持被下置、其子鶴之助なり

一、岩間清次 慶長六年十月御知行百石拝領、家記ニハ清次九歳の時丹後にて御児小姓ニ被召出、岩間滝右衛門と申候て沼田上野介にて三百石弓頭いたし候者の二男と有之、本文ニは三十人衆と有之、今の岩間清次か祖なり

一、塀利久八 一ニ垪和又(土へんに井)和

一、吉岡弥三郎 後号万介、一ニ百介、関ヶ原の所ニ詳ニ出

一、村田半右衛門

一、荒見仁右衛門 御知行被下、当仁右衛門祖也、荒見家記ニハ前以御知行被下置、岐阜関ヶ原に御供仕候様に見へ申候

一、友田新之允 新五郎親

一、庄村五郎右衛門 豊前にて御知行百石被下、今の五郎右衛門祖也

一、矢野六内 一ニ兵内、後号六左衛門、才八介病に留られ候ゆへ先に参候へとも城へ付不申候

一、同 計助 一ニ牛助、又平助共、六内同前 

以上与一郎様任御意御傍ニ居申候衆

一、清水市右衛門 左太郎親、伏見の脇小幡の並の清水なり、丹後で三百石、豊前にて六百石

一、松山兵左衛門 元直、一ニ兵右衛門元真或は元貞とも有、権兵衛元重親、若狭侍なり、丹後にて三百石、豊前ニ而六百石

一、江守孫右衛門 一ニ孫左衛門、一ニ絵左衛門

一、西郡大炊(ィ・介) 清忠、天正年中於丹後被召出五百石、鉄炮三拾挺頭、勢州亀山攻の戦功五百石、岐阜・福智山の戦功によつて千石加増、都合弐千石、御小姓頭御番頭、多分大炊と云違るとて後に刑部と改候、一書ニ初堀久太郎家来と有はあやまり也、親三河守も丹後にて育被置、大炊は初より御家士なり、大炊二男西郡要人家督相続、要人死後断絶、子供ハ様子有之、他国いたし候由、後に別録百五十石被下、今の又右衛門か祖なり

一、魚住与助 後休齋様ニ而与兵衛と云、右衛門兵衛か二男なり

一、牧 新五 天正十九年詳ニ出

一、一宮彦三郎 当一宮儀兵衛先祖附の内ニ寺井庄三郎二男を一宮儀兵衛養子ニ仕、彦三郎と申候、元禄比の事なり、其孫も彦三郎と申候、右儀兵衛親は善大夫と申候、本国若狭ものにて於青龍寺被召出、慶安四年病死と有、此善大夫初の名彦三郎と申候て岐阜・関ヶ原にも働候なるへし、尚考へし

一、稲留伝右衛門 伊賀守弟なり

一、杉原三平 始は筒井順慶家来なりしか傍輩と果んと出合首尾能しとて、玄蕃殿御肝煎にて御家に奉公、のち井伊直孝に奉公

一、乙部左兵衛

一、明石孫右衛門 謙信感状二ツ三ツ持しものなり

一、沼田藤左衛門 清延、嫡子小兵衛兄 一ニ弟と有、福智山にて討死、始ハ太閤に仕、若州熊川にて四百石拝領

一、住江小右衛門 始は明石左近家来にて三百石取しを、先知にて被召抱候、左近身体果候時玄蕃殿御肝煎にて魚住右衛門兵衛・鯛瀬善助と共に三人被召出候、子細は太閤の御意にて播磨におゐて六ヶ敷城を云付られしかハ、此三人の者忍ひて乗取し故なり、関ヶ原御帰陳後六百石御加増、其後弐百石御加増、丹後にてハ十五挺頭、豊前にてハ三十挺頭なり、求馬か親甚兵衛ハ小右衛門か養子聟にて別録なり、当甚右衛門・八右衛門等か祖なり、小右衛門知行は死後上知に相なり候なり

一、西 九助

一、山田伝助 新十郎か下ニ詳なり

一、野村源之允

一、杉原少三郎

一、三宅与平次 重利、後号藤兵衛、明智左馬助子、御家を立退寺沢家に奉公、天草一揆の時討死、其子藤右衛門も寺沢家にて武功有、彼家を浪人の後光尚君に被召出候、今の栄蔵祖也、家系詳なり

一、鯛瀬善助 播磨者なり、住江小右衛門か下に見ゆ、丹後にて弐百石、豊前にて四百石、一ニ六百石共有、家記に本名ハ吉田にて候処、丹後にて三齋君御意を以鯛瀬を拝領の由、今の善助祖なり

一、岩崎新六

一、森新十郎 後号山田采女、清巌和尚兄なり、玉峯和尚の元ニて手習せしを玉峯被仰にて十六より奉公、近江大石殿なり、山田伝助は清巌の兄実堂の親なり、初は伝蔵と云、大坂へ籠城し大手柄して討死、親は加賀の大聖寺にて討死

一、喜多与六郎 前に出す

一、国分左助 御右筆なり

一、西郡半助 大炊か弟也、小倉より立退しか、大坂に籠城し、落城の時乃美主水か生捕て助しなり 以上右穿鑿念を入仕候、働之高下ニより点を懸申候八月六日矢野采女十日も以前に沼田小兵衛右馬に踏れ足を痛城へ着不申儀各存候、丹後にて百石、豊前にて弐百石、矢野勘右衛門親也

岐阜戦功(4)

 

是よりハ裏の方に忠興君御自筆         

岐阜城乗申時与十郎傍ニ居申候者      
田辺衆

伴喜左衛門 日置流弓の上手也、吉田出雲守以来三代の孫雪荷の高弟なり、幽齋君の附録ニ詳出申候

同 伊勢伝五 鞍うちなり、仙齋か養子聟なれハ家を譲る、尊氏将軍の時伊勢伊勢守貞継と云人、大坪道禅より鞍ツクル事を受伝て伊勢氏子孫代々作の鞍なと云也、鞍作る事巧なるよし軍記等ニ見へたり

同  岡本専三郎 一ニ小三郎

同 大塚源次 田辺籠城の内ニ有之大塚源次とは別人歟、再考

同 大塚小三郎 

右の外城攻粉骨之面々は加々山庄右衛門市村四郎三郎政勝 荒木山城弟にて荒木彦大夫親なり、

市村半右衛門養子とせしゆえ名字変るなり、家系に荒木四郎右衛門と云者 山城弟にて玄蕃殿ニ仕、岐阜・関ヶ原武功有、荒木彦大夫か親と見へたり、

市村か養子ニ成たる事ミへす、別人か尚可考 ・沼田小兵衛中嶋左近 中嶋備中子、晋州にてもよかりし也、

豊前に而 千五百石・中路新兵衛 中路加右衛門子、一柳伊豆守山中の城にて討死の時此ものとも働にて敵ニ首を取れす、豊前にて千五百石、新兵衛豊前にて病死、

其子加右衛門ニ五百石被下候、加右衛門嫡子新右衛門江御知行弐百石、二男加兵衛ニ百五十石、三男勘太夫ニ肥後ニて百五十石被下候、今の加右衛門一午等か祖也・岡村半右衛門

和田庄五郎重治 始は大和大納言秀長の小姓なりしを御もらい被成、文禄二年弐百石被下、

関原事之後忠隆君の御供仕加賀に罷越、高野山にて御剃髪の後筑前中納言殿ニ居、

秀秋御卒去の後浪人いたし候処、慶長十六年帰参、五百石拝領なり、

御番頭被仰付、其砌高見権右衛門と改、高見ハ母方の名字なり、阿部兄弟仕者仰付たるハ右権右衛門子の権右衛門なり、当高見宇源太祖なり

中村源内 御弓頭七百石、四半の者也

篠山与四郎

工上三太夫

窪田源兵衛

金森半助

市村半右衛門

井戸正三郎直弘 後号新右衛門、公儀御直参ニ成千五百石、駿府御城代相勤

加々山半右衛門

中津海藤三郎 五郎右衛門兄なり、三右衛門子なり、若年より玄蕃殿へ奉公、忠興君より親三右衛門へ呼戻候様ニ被仰付候故、玄蕃殿手前立退罷越候処直ニ御知行三百五拾石被下候、後 三右衛門と改、今の安之允祖なり

入江五郎作等なり、右之加々山庄右衛門つよく働、刀を打折たるを御覧被成、御指替の御陳刀を被下 戦場にて歟不分明 、又金森半助は前かど御児小姓にて候、御気ニ違ひ外に居候ひしかとも此時被召出、牧新五か赤き羽織を半助に被下、新五には御召の黒羽織を被下候

戻る